トップページ >  本当に怖い!目の病気 >  加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症<生活習慣の欧米化により近年著しく増加中>

齢斑変性症は、視野の中心部だけが歪んで見えたり、黒ずんでみえたりする目の病気で放置すると失明することもあるため注意が必要です。



加齢とともに黄斑部が酸化して変質しやすくなりますが、その際に新しく作られたできたての弱く脆い血管から血液が染み出て黄斑部にダメージを与えることが原因で、網膜の焦点をあわせる機能が低下するため視野の中心部がゆがんだり、著しい視力低下や色覚異常が起こります。



最初に現れる症状としては、視野の中心あたりがゆがんでみえたり、ぼやけてきます。そして病状が悪化すると新生血管が現れては破れ、出血を繰り返すうち、視力が著しく低下してきます。



40代~50代に急増している傾向があり、通常は片目だけに起こりますが、稀に両目を患うこともあり、再発する頻度も高いのが特徴です。


欧米化した生活習慣が原因!?目の生活習慣病

白内障緑内障に比べてなじみがない病名ですが、失明原因の第4位。欧米では失明原因の第1位で、日本では70年代になって増えてきていることから欧米化した食事の影響か?といわれています。

加齢黄斑変性症になりやすい人はこんな人!

加齢黄斑変性症になる危険度をチェック

喫煙している。
白内障を患っている。
肉類中心の食生活を送っている。
60代以上の高齢者である。
紫外線対策を考えたことがない。
<ココに注目!>
男性は女性より約2倍、黄斑変性症にかかりやすいとされています。

加齢黄斑変性症にはどんな対策方法があるの?

加齢黄斑変性症は、ここ数十年で増加している傾向があり、動物性脂質が増え、魚や野菜を食べなくなった食生活の欧米化がこの病気で失明している人が増えた原因と言われています。



実際に加齢黄斑変性症の患者の目を調べると、黄斑部に高濃度で存在するはずのルテインとゼアキサンチンの量が健常者の63%しかなかったという報告もあり、緑黄色野菜の不足によるルテイン不足が加齢黄斑変性症と非常に関係が深いという結果がでています。



当サイトでも頻繁によくでてくるルテインですが、紫外線による活性酸素の発生を抑える抗酸化作用にすぐれた成分で、水晶体が酸化して濁る白内障を防ぐうえでも必要不可欠な成分です。



このルテインは加齢により減少してしまううえ、体内で合成することができない成分なので毎日の食事から補う必要があります。青汁の原料で有名なケール、ほうれん草など緑黄色野菜多く含まれていますが、必要量をきちんと毎日摂取するならサプリメントを利用した方が手軽で効率的です。

黄斑変性症を予防・改善するための3つの対策
紫外線対策をしっかり。外出時にはサングラスを。
ルテイン、ビタミンC、ビタミンEが効果的といわれています。
ルテインを毎日6mg以上摂取できるサプリメントがおすすめです。

1日ルテイン6mg以上を摂取できるサプリメントランキング<Best3>

ファンケル えんきん

吸収のいいエステル体ルテインを10mg配合。ルテインは1日6mg以上で目の酸化の予防、 10mg以上で改善にも効果が期待できます。

お試し:1,000円 通常:2,160円

みやびのビルベリー

ルテインは8mg配合。抗酸化作用の強いポリフェノールがたっぷり!1日56円というコスパの良さも魅力。

みやびのビルベリー・プレミアム
ブルーベリー&ルテイン

気になるルテインは6mg配合。モンドセレクション金賞受賞サプリというだけあって品質と安全性は折り紙つきです。

リフレ『ブルーベリー&ルテイン』