トップページ > 加齢黄斑変性症 > 加齢黄斑変性症にはどんな対策方法があるの?

加齢黄斑変性症にはどんな対策方法があるの?

加齢黄斑変性症は、ここ数十年で増加している傾向があり、動物性脂質が増え、魚や野菜を食べなくなった食生活の欧米化がこの病気で失明している人が増えた原因と言われています。



実際に加齢黄斑変性症の患者の目を調べると、黄斑部に高濃度で存在するはずのルテインとゼアキサンチンの量が健常者の63%しかなかったという報告もあり、緑黄色野菜の不足によるルテイン不足が加齢黄斑変性症と非常に関係が深いという結果がでています。



当サイトでも頻繁によくでてくるルテインですが、紫外線による活性酸素の発生を抑える抗酸化作用にすぐれた成分で、水晶体が酸化して濁る白内障を防ぐうえでも必要不可欠な成分です。



このルテインは加齢により減少してしまううえ、体内で合成することができない成分なので毎日の食事から補う必要があります。青汁の原料で有名なケール、ほうれん草など緑黄色野菜多く含まれていますが、必要量をきちんと毎日摂取するならサプリメントを利用した方が手軽で効率的です。

黄斑変性症を予防・改善するための3つの対策
紫外線対策をしっかり。外出時にはサングラスを。
ルテイン、ビタミンC、ビタミンEが効果的といわれています。
ルテインを毎日6mg以上摂取できるサプリメントがおすすめです。