トップページ > アスタキサンチン > アスタキサンチンの効果や視力に及ぼす作用、摂取量について

アスタキサンチンの効果や視力に及ぼす作用、摂取量について

アスタキサンチンという成分にいえることはその強力な抗酸化力です。白内障をはじめ多くの目の病気にも悪い影響を与える活性酸素を防いでくれる力が高いため目の老化予防にはぴったり。中高年の目の健康には不可欠といえます。



そんなアスタキサンチンですが数多くの実験からその効果が認められているのが目のピント調節力の回復効果による眼精疲労(疲れ目)の改善と老眼の症状の緩和です。



眼精疲労に対する効果についてはVDT作業者(コンピューターを使った仕事をしている人)を二重盲検的にアスタキサンチン群とプラセボ群の2グループに分けて4週間調査したところ、アスタキサンチンを摂取したグループのほうが自覚症状と機械を用いた検査の療法において目の調整力が回復したという実験データもあります。



老眼に対する効果にも40代から60代の老眼を自覚する男性に28日間、アスタキサンチンを摂取してもらったところピントを合わせる力が向上し、疲れ目や肩こりなどの症状が軽減したという報告もあります。



こうした実験などからアスタキサンチンは疲れ目にはもちろん中高年の方で老眼の症状(あるいはそれに付随する眼精疲労)に悩んでいる人に効果的な働きをしてくれることがわかっています。


目の老化を防ぐアスタキサンチン

目のピント調節機能を回復させてくれるだけでなく、網膜や脳を活性酸素から守ってくれるのがアスタキサンチンです。美白効果もあるのでシミ・そばかすも防いでくれますよ。