β-カロチン(ビタミンA)

β-カロチンは体内のビタミンAの貯蔵量によってビタミンAに変化する前躯体というもので、ビタミンAに変わった場合は目の粘膜を保護したり、視力の低下、暗順応を助け、網膜を健康に保ちます。



ブルーベリーがでてくるまではビタミンAが視力に最も影響を及ぼす成分として有名だったように、実際にビタミンAが不足すると夜盲症になる、目が乾燥するなど視力や瞳の健康に大きくかかわってくるので重要な栄養素なのは間違いありません。


β-カロチンはこんな目の悩み・トラブルにおすすめ!

こんな人にβ-カロチンはおすすめ!

夜に視界が効きにくくなる夜盲症の人。
網膜の健康を維持したい人。
コンタクトレンズをして目に負担をかけている人。
結膜炎にかかりやすく目の粘膜が弱い人。
ドライアイだという人
<ココに注目!>
目のビタミンと言われるほど目にとっては重要な栄養素です。

β-カロチン(ビタミンA)の効果や視力に及ぼす作用、摂取量について

ビタミンAは過剰に摂取すると、頭痛や吐き気、発疹といった過剰症を発症する恐れがありますが、体内で必要に応じてビタミンAに変換されるβ-カロチンであれば摂り過ぎても余分なものは全身の脂肪組織に蓄えられるため、副作用がなく安全です。



こうした理由があるためサプリメントなどには、ビタミンAではなくβ-カロチンという形で配合されていることがほとんどです。



ビタミンAは目のビタミンと言われるほど目にとっては重要な栄養素であり、目の粘膜を保護したり、目の乾燥や視力低下の防止、夜盲症の改善、網膜の働きをサポートしてくれるなどマルチに働いてくれます。もちろん疲れ目にもいいです。



ビタミンAを摂取するには、β-カロテンを多く含む緑黄色野菜、野菜ジュース、サプリメントと方法はたくさんあります。好みに応じて選ぶといいと思います。


栄養機能食品の表示があるβ-カロチンがおすすめ!?

<栄養機能食品>の表示は、1日当たりの摂取目安量に含まれる栄養成分量が国が定めた上・下限値の規格基準に適合している証明。安心の基準になると思います。