トップページ > β-カロチン > β-カロチン(ビタミンA)

β-カロチン(ビタミンA)

β-カロチンは体内のビタミンAの貯蔵量によってビタミンAに変化する前躯体というもので、ビタミンAに変わった場合は目の粘膜を保護したり、視力の低下、暗順応を助け、網膜を健康に保ちます。



ブルーベリーがでてくるまではビタミンAが視力に最も影響を及ぼす成分として有名だったように、実際にビタミンAが不足すると夜盲症になる、目が乾燥するなど視力や瞳の健康に大きくかかわってくるので重要な栄養素なのは間違いありません。