トップページ > カシス > カシスの効果や視力に及ぼす作用、摂取量について

カシスの効果や視力に及ぼす作用、摂取量について

ビルベリーに比べるとカシスのアントシアニンの含有量が少ないのですが、ビルベリーとは違う種類のアントシアニンが含まれていることから、ビルベリーとは異なる効能が期待できます。



末梢血管の血流を改善して、目の筋肉の緊張を緩和する作用などがその典型で、目のピント調節力を高めたり、目の下のクマを防ぐ効果が期待されているので、ビルベリーとカシスは一緒に摂取したいところです。



そして最近注目されているのが緑内障進行抑制効果があるのではないかということ。弘前大学の調査では、30名の緑内障患者に、1日50mgのカシスのアントシアニンを服用した結果、6か月の服用期間中、緑内障の視野障害が進行した方は1人もいなかったという結果を報告しています。



このことからカシスアントシアニンは、緑内障患者の視神経への血流を改善させるのでは?と期待されています。目の健康や疲れ目、視力低下を防ぐことを考えるとカシスは是非とも摂取しておきたいサポート成分です。


カシスの効果が続々と実証されています!

疲れ目や目の調節機能の緊張の緩和、目の下のクマ、緑内障の視野障害の予防など、カシスのヒトの目に対する効果が続々と実証されはじめました。カシス配合の有無でサプリを選ぶのがいいかも?