トップページ > 白内障 > 白内障<水晶体が白く濁り、眩しさや見えづらさを感じる>

白内障<水晶体が白く濁り、眩しさや見えづらさを感じる>

れた日の日の光や電灯の光がまぶしい。」
「モノがかすんだり、ボヤけて見えることが増えてきた。」



目が疲れているときにもこのような症状がありますが、目を休ませてもなかなか治らない、慢性的に眩しさを感じるという場合は白内障を疑ったほうがいいかもしれません。



白内障は、水晶体の成分であるタンパク質が年齢を重ねるにつれて活性酸素によって酸化し、白く濁ることでモノがかすんでみえたり、光に敏感になって眩しく感じる目の病気です。



40代からはじまり、55歳で15%、65歳で30%、85歳で90%、90歳で100%の人が発症してしまうように目の老化現象であることは疑いの余地がありませんが、活性酸素を除去する目の中の抗酸化成分であるルテインが不足していると30代でも発症するといわれています。


白内障予防は活性酸素の発生を抑えることが大事!

白内障の治療はいまのところ手術以外の有効な治療法がないので予防することが大事!紫外線をできるかぎり避け、抗酸化作用のあるルテインを中心に抗酸化成分を摂取して対策しましょう。