トップページ >  > 最新の老眼治療(CK・アキュフォーカス・遠近両用眼内レンズ)

最新の老眼治療(CK・アキュフォーカス・遠近両用眼内レンズ)

日進月歩で進歩する医療技術ですが、目の病気に対する治療も例外ではありません。眼科の分野に限っていえばここ数年で革命的に進歩したといわれているのが『老眼治療』です。

老眼は目のピントをあわせる水晶体が老化とともに硬くなり、ピント調節が効かなくなる症状で、近くのモノにピントをあわせて見るというのが難しくなってきます。

これまで老眼というと目の老化現象なのでお手上げ、という感じでとくに治療らしい治療もなく、老眼鏡をかける以外の対策は何もなかったんですが、現在では特殊な眼内レンズを使った治療法などさまざまなものがあります。

例えば、コンダクティブ・ケラトプラスティ(CK)

CKは老眼治療のなかでは比較的メジャーなもので、これは角膜表面の周辺部に高周波のラジオ波を照射して角膜組織を凝縮させて角膜のカーブを帰ることで老眼で見えにくくなった視力を改善するというものです。

両目とも老眼で遠くしか見えないという状態では片目だけにCKを行い、近くのものを見えやすくするということが多いです。片方の目は遠くにピントがあいやすく、もう片方はCKによって近くがみえるようになっているので、両目でみれは近くも遠くも見えるということです。

ピント調節が左右で違うと目が疲れそうですが、治療の安全性は米食品医薬品局(FDA)で認められているように老眼治療としては確固たる地位を築いている方法です。

他にはアキュフォーカスという方法もあります。

これは角膜のなかに「カメラインレー」というドーナツ状の特殊なレンズを埋め込み、眼の中に入る光量を調節することで、ピンホール効果という光学上の原理を利用し、近くを見やすくするものです。アキュフォーカスも利き目ではないほうの片眼のみに行います。

そして最後はこの記事で最も伝えたい遠近両用眼内レンズの存在。

白内障手術などをすると濁った水晶体を取り除き、代わりに単焦点レンズ(保険適用)をいれるわけですが、従来どおりのこのやり方では遠くに焦点をあわすのはラクですが、近くは見にくいという問題がありました。

そうした白内障の単焦点レンズの問題を克服し、なおかつ近視・遠視・乱視も含めて老眼を一気に治療、矯正できるようにしたのが「レンティスMプラス(最高品質の多焦点眼内レンズ)」に代表されるようなオーダーメイドの遠近両用眼内レンズです。

眼内にレンズを入れるため老眼鏡をかける必要もなくなりますし、遠くも近くもよく見えるようになります。老眼だけではなく、白内障の症状も回復することができるという点が最大の魅力でしょうね。

なお、遠近両用眼内レンズは健康保険が効きません。片目で60万前後の全額自己負担なので、一番のネックはこれでしょう。大変といえば大変ですね。

老眼をよくするためだけに遠近両用眼内レンズを入れるのは費用のこともあって抵抗があるかもしれませんが、白内障の手術を受ける人であれば老眼も一緒によくなりますから遠近両用眼内レンズを考えてみるのがいいのかなーと思います。

しかし、やはり一番いいのは歳をとっても自分の目で遠くも近くもみれることです。老眼も白内障も生活習慣である程度は予防できるものですから抗酸化成分を摂取して目を鍛えるようにしましょう。