トップページ > 網膜剥離 > 網膜剥離<飛蚊症や光視症の症状が現れたら注意!>

網膜剥離<飛蚊症や光視症の症状が現れたら注意!>

膜剥離は何らかの原因で網膜が網膜色素上皮から剥がれてしまい、視野が下半分が欠けて狭くなったり、著しく視力が低下し、そのまま放置すれば失明することもある目の病気です。



年齢に関係なく、老若男女誰しもが明日にでも発症する可能性があるというのが特徴で、虫が飛んでいるように見える飛蚊症や光が走るように見える光視症などの初期症状があるケースが多いようです。



最悪失明の恐れもあるこの網膜剥離ですが、網膜の変性や裂孔、剥離が早い段階で発見できれば、レーザーで再接着できるので90%以上の確率で回復するといわれています。



ただし、再発するケースも多いようです。とにかく飛蚊症や光視症、あるいは目の鈍痛など異常に気づいたらすぐに眼科で診察してもらうようにしてください。


若いからと安心できない網膜剥離!

パソコン・ゲーム機等の普及によって10~30代でも網膜疾患が増えており、網膜剥離も例外でなく、若年化が進んできているそう。中高年は緑内障等を合併して発症するケースもあります。