トップページ > ドライアイ(目の乾燥) > ドライアイ<パソコン利用者の3割、疲れ目の6割が併発>

ドライアイ<パソコン利用者の3割、疲れ目の6割が併発>

朝、起きたときに目が開けづらい。」
「粘り気のある白い目ヤニがでる。」



ドライアイは涙の量が不足したり、涙の質が悪くなったりすることで目が乾いてしまう病気です。パソコンを使う人に多いのは、凝視してディスプレイを見るせいでまばたきが減る(1分間に4~5回)ことが影響するといわれています。



ドライアイの症状としては疲れ目、目のゴロゴロ感、目ヤニ、目の不快感など。失明につながるような危険な病気ではありませんが、疲れ目がひどくなったり、目を開けていられないぐらい乾燥するなど生活に支障がでることもあり、やっかいな目の病気といえます。



肌が乾燥したら保湿するように目の表面が乾いて傷んだらすみやかにケアすることが大切です。


デスクワークを行っている人の3割がドライアイという話

パソコンおよび携帯メールを使う頻度が多いせいかドライアイは女性に多いのが特徴。疲れ目視力低下や眼病の原因になりますし、不快感が全身の健康状態に影響するため無視できない目のトラブルです。