トップページ >  > 目の焦点が合わないのは病気!?それとも・・・。

目の焦点が合わないのは病気!?それとも・・・。

「最近、なんだか目の焦点が合わないぞ」と困っている人はいませんか?

1日の大半が目の焦点が合ってない状態ということもあれば、ふとしたときに目の焦点が合ってないということに気づくということもあると思います。いずれにせよ、様子をみて症状が改善されるケースもあれば、どんどん悪化していくものもあるので注意が必要です。

目の焦点が合わなくなる原因として考えられるのは、

(1) 疲れ目
(2) 両眼複視(斜視)
(3) 近視か乱視の症状
(4) 老眼の初期症状
(5) その他


の5つがあります。

(1)~(4)までは目に問題がある場合、(5)にかんしては目以外の部分(副鼻腔炎、脳、精神的なもの)に原因がある場合です。(5)にかんしては眼科でなく総合病院等にいってみてもらってはじめて原因がわかる(わからないこともあります。。。)ということがほとんどです。

(1)の疲れ目にかんしては、いわゆるピントフリーズ現象というものが起こっていると考えられ、目の焦点をあわせる毛様態筋が硬直しているため目の焦点があわなくなっています。この場合は、遠くに焦点をあわせたり、目を休ませることで症状が落ち着きますし、ブルーベリーのサプリメントも有効です。

ただ、疲れ目が悪化した眼精疲労の状態になるとちょっと休んだぐらいではピントフリーズ現象はよくならないので、治療に時間がかかるかもしれません。できるだけ眼精疲労にならないように目を労わるように気をつけたいところです。

(2)の両眼複視(斜視)は片目で見る分には問題ないけれど、両目で見ると焦点があわなかったり、物がダブってみえるなどの症状がある状態をいいます。原因は目を動かす筋肉が麻痺する眼筋麻痺です。

老化や強度近視や乱視、ストレス、外傷、腫瘍、炎症などの目の病気などが眼筋麻痺の原因と考えられますが、それまで正常だった人が急に斜視になると目の焦点があわなくなったり、物がダブってみえたり、目眩もあったりで非常に大変な思いをするはずです。

両眼複視の原因を取り除くことで回復するといわれますが、それでもなお目の状態がおかしいという場合は手術という方法しか今のところなく、手術をしても100%完治するものでもないというのが実情です。

(3)(4)についてはこれは特に詳しい説明はいらないと思います。毛様態筋や水晶体が弾力を失って網膜にうまく像を映せなくなってしまうと、それまで視力が良く、よく見えていた人にとっては目の焦点があわなくなったと感じてしまうはずです。

これらは視力検査だったり、セルフチェックで目の機能低下が数値の低下として計れるので原因がはっきりしており、対処もしやすいと思います。

(2)の両眼複視と(1)~(4)のどれにも当てはまらない(5)の場合は、重篤な病気が隠れている場合もあるので眼科および、眼科もある総合病院に最初から行ったほうがいいかもしれません。