トップページ >  > 物が二重に見えるって何かの病気ですか?

物が二重に見えるって何かの病気ですか?

目を擦ったわけでもなく、乱視でもないのに物が二重に見えるとなるとちょっと心配になりますよね。目の病気かもしれませんし、ひょっとすると脳に問題があるのかもしれません。

物が二重に見える(=複視)というのはあくまで結果であって、その原因となると複数考えられます。

要チェック 重度の眼精疲労
要チェック 乱視
要チェック 眼筋麻痺
要チェック 窮屈病


両目で見ると二重に見えて、片目を隠すと一つに見えるという場合は、眼筋麻痺の疑い大です。逆に片方の眼を隠しても二重に見える場合は、乱視もしくは窮屈病など眼の病気が考えられます。

眼筋麻痺とは、眼球を動かす6つの筋肉を支配する神経に何らかの障害が起こることで、筋肉の動きが悪くなったり、動かなくなったりしている状態をいいます。

こうした眼筋麻痺を引き起こす代表的なものが

要チェック 脳梗塞や脳内出血
要チェック 神経に炎症が起きている場合
要チェック 重症筋無力症
要チェック 脳腫瘍
要チェック 眼窩腫瘍
要チェック 結核性髄膜炎
要チェック 頭部外傷など


といったもの。

以上のように眼筋麻痺の原因がはっきり判明すればいいんですが、眼底検査やMRIなどで全身をスキャンしても物が二重に見える原因がわからないということも多々ありますし、眼科医によってはまるで違う原因を挙げることもあるので非常にやっかいな目のトラブルといえます。

眼科にも得意分野があって、白内障や緑内障が得意という眼科は多いですが、物が二重に見える(=複視)となると苦手というところが多いです。そのため最初から大学病院やお茶の水にある「井上眼科病院」など評判のいいところにいったほうがいいかもしれませんね。

治療としては、何が原因で複視になっているかによって変わってきますし程度によっても変わってきます。薬物療法で済む場合もあれば、眼鏡にプリズムを入れて複視を矯正して経過を見ることもありますし、手術など外科的な処置を加える必要もあります。

いずれにせよ、物が二重に見える症状には、さまざまな原因が考えられ、なかには命にかかわるような重大な病気が潜んでいる可能性もあるので、症状がみられた場合は、早めに眼科を受診したほうがよさそうです。