緑内障<日本人の中途失明原因の第1位>

内障は眼圧が上昇して視神経に障害を起こし、視野が欠けたり視力が低下してしまう病気です。気づかずに治療が遅れることも多く、失明の危険性もある怖いものです。



激しい目の痛み、吐き気、視力低下などの自覚症状がある急性の緑内障と、自覚症状がほとんどなく、眼圧検査でも発見しにくい正常眼圧緑内障の2種類があり、後者のほうが発見が遅れるため重症化しやすく、失明するリスクが高くなります。



日本人の緑内障の7割は眼圧が正常でも緑内障になる正常眼圧緑内障ということもあって、緑内障はここ数年日本人の失明原因の不動の1位になっています。正常眼圧緑内障の原因はまだ解明されたわけではありませんが、目の血流不足によって視神経への栄養が不足し、その結果、視神経が障害をうけることが原因ではないかといわれています。


30代~40代の若い世代にも緑内障が急増中!

緑内障で欠けてしまった視野を取り戻す治療法はありません。そのため、定期的な目の検診と抗酸化成分や目の血流を促進する栄養成分を摂取して早期発見と予防に努めるしかないのが現状です。

緑内障になりやすい人はこんな人!

緑内障になる危険度をチェック

40歳以上である。
運動不足で太っている。
普段から目を酷使している。
低血圧。
強度近視である。
<ココに注目!>
一度進行した緑内障は二度と元には戻りません。だから予防が大切!

緑内障にはどんな対策方法があるの?

緑内障の原因となる眼圧の変化は、何が原因になって起こるのかはいまのところはっきりとわかっていませんが、最近注目されているのが視神経乳頭周囲の血流の低下という説。



さらに、年齢とともにこうした代謝異常が起こりやすくなるのを助長するのが活性酸素だということもあり、緑内障の予防策としては、



1、目の血流を改善するアントシアニンを摂取すること。
2、抗酸化作用があるルテインやビタミンCを摂取すること。



といった網膜の老化や活性酸素の発生を抑制し、血流を改善して目の血行不良にならないように、瞳の健康を守るサポート成分を積極的に補給することが大切だといわれています。



日本人に多い慢性の緑内障(正常眼圧緑内障)は、50%の視神経が死んでやっと異常を感じて気づくといわれていますから、<緑内障になる危険度チェック>で該当する項目が多かった人は普段から視野が欠けたりしていないか見え方に異常がないかチェックする習慣をつけておいたほうがいいと思います。

緑内障を予防・改善するための3つの対策
運動・ストレス・喫煙など生活習慣を見直すこと。
アントシアニンで血管をサラサラにし、血流をよくすること。
ルテインで網膜や視神経の組織を活性化し、目の酸化を防ぐこと。

アントシアニン+抗酸化成分配合のサプリメントランキング<Best3>

リフレ ブルーベリー&ルテイン

血流促進のアントシアニン、抗酸化成分のルテインを含む25種類の瞳を守るサポート成分を1粒に凝縮。1日あたり約48円とお得です。

価格:1,620円 定期初回:1,058円

みやびのビルベリー

13種類の天然成分を含有。アントシアニンやルテインのほか目の若さと健康を維持する成分が配合されています。

みやびのビルベリー・プレミアム
やわたのブルーベリー

ビルベリーの60粒分のエキスを1粒に凝縮。1粒でビルベリーエキス200mgを摂取できます。ルテインも配合済。

北の国から届いたブルーベリー