トップページ > 緑内障 > 緑内障<日本人の中途失明原因の第1位>

緑内障<日本人の中途失明原因の第1位>

内障は眼圧が上昇して視神経に障害を起こし、視野が欠けたり視力が低下してしまう病気です。気づかずに治療が遅れることも多く、失明の危険性もある怖いものです。



激しい目の痛み、吐き気、視力低下などの自覚症状がある急性の緑内障と、自覚症状がほとんどなく、眼圧検査でも発見しにくい正常眼圧緑内障の2種類があり、後者のほうが発見が遅れるため重症化しやすく、失明するリスクが高くなります。



日本人の緑内障の7割は眼圧が正常でも緑内障になる正常眼圧緑内障ということもあって、緑内障はここ数年日本人の失明原因の不動の1位になっています。正常眼圧緑内障の原因はまだ解明されたわけではありませんが、目の血流不足によって視神経への栄養が不足し、その結果、視神経が障害をうけることが原因ではないかといわれています。


30代~40代の若い世代にも緑内障が急増中!

緑内障で欠けてしまった視野を取り戻す治療法はありません。そのため、定期的な目の検診と抗酸化成分や目の血流を促進する栄養成分を摂取して早期発見と予防に努めるしかないのが現状です。