トップページ > 緑内障 > 緑内障にはどんな対策方法があるの?

緑内障にはどんな対策方法があるの?

緑内障の原因となる眼圧の変化は、何が原因になって起こるのかはいまのところはっきりとわかっていませんが、最近注目されているのが視神経乳頭周囲の血流の低下という説。



さらに、年齢とともにこうした代謝異常が起こりやすくなるのを助長するのが活性酸素だということもあり、緑内障の予防策としては、



1、目の血流を改善するアントシアニンを摂取すること。
2、抗酸化作用があるルテインやビタミンCを摂取すること。



といった網膜の老化や活性酸素の発生を抑制し、血流を改善して目の血行不良にならないように、瞳の健康を守るサポート成分を積極的に補給することが大切だといわれています。



日本人に多い慢性の緑内障(正常眼圧緑内障)は、50%の視神経が死んでやっと異常を感じて気づくといわれていますから、<緑内障になる危険度チェック>で該当する項目が多かった人は普段から視野が欠けたりしていないか見え方に異常がないかチェックする習慣をつけておいたほうがいいと思います。

緑内障を予防・改善するための3つの対策
運動・ストレス・喫煙など生活習慣を見直すこと。
アントシアニンで血管をサラサラにし、血流をよくすること。
ルテインで網膜や視神経の組織を活性化し、目の酸化を防ぐこと。