ルテイン

ルテインはケールやホウレンソウなどの緑黄色野菜などに多く含まれていますが、なかでもマリーゴールドにはルテインが豊富に含まれていて、サプリメントなどの原料になっていることが多いです。



「網膜を酸化から守る働きをする」ルテインは、年齢とともに減少していく成分なので、減少するにつれ、眼病のリスクが高まります。「白内障」「緑内障」「飛蚊症」といった眼病の予防には必要不可欠な成分です。


ルテインはこんな目の悩み・トラブルにおすすめ!

こんな人にルテインはおすすめ!

飛蚊症がうっとおしい人
緑内障を予防したい人
白内障を予防したい人
加齢性黄斑変性症を予防したい人。
目が渇きがちな人
<ココに注目!>
目の老化、活性酸素による酸化を防ぐ眼病予防に欠かせない成分です。

ルテインの効果や視力に及ぼす作用、摂取量について

日本のある眼科では白内障の患者50人にルテインを3ヶ月間処方したところ、50人全員が目のかすみやまぶしさといった白内障の自覚症状が解消し、視力もアップ。



白内障以外にも米国ハーバードのセッドン博士の研究によるとルテインを摂取している人はしていない人に比べて発病率が43%も低かったと報告されています。



ルテインは年齢を重ねるにつれて減少していく成分なので、食事やサプリから摂取することで不足分が補われると、「視界のぼやけ」や「白内障」「緑内障」「飛蚊症」といった症状が著しく改善することがあります。



ルテインの摂取量の目安としては、1日6mg以上で白内障、緑内障の予防、 10mg以上であれば改善にも効果が期待できるということもいわれています。


「FloraGLO」という表記が目印!

サプリには「エステル体ルテイン」「フリー体ルテイン」という2つの形で配合されていますが、「フリー体」がもともと体の中にあるものなので吸収力がいいです。「FloraGLO」という表記が目印