トップページ > メグスリノキ > メグスリノキ

メグスリノキ

メグスリノキは日本だけに自生カエデ科カエデ属の落葉高木のことで、江戸時代以前から眼病予防や視力障害に効く薬として樹皮や葉を煎じた、煎じ汁(=抽出液)が薬用として活用されていました。



今ではサプリメントの成分として配合されていることがほとんどですが、メグスリノキは、目のかすみ、目の痛み、眼精疲労など目の健康に働きかけるほか、視力と密接に関係するといわれる弱った肝臓機能の改善にも効果があると言われています。