トップページ > メグスリノキ > メグスリノキの効果や視力に及ぼす作用、摂取量について

メグスリノキの効果や視力に及ぼす作用、摂取量について

日本で古くから眼病予防と視力障害に効くとして利用されてきたメグスリノキの実力は、欧米の植物やハーブにも負けないことが、最近の研究によって明らかになってきています。



メグスリノキの眼や肝機能に対するメカニズムは、まだ十分に解明されていませんが、目の疲れの改善、目の粘膜を保護し、眼病を防ぐ効果、白内障、網膜症といった糖尿病合併症の発症を抑える可能性が指摘されています。



東洋医学では目と密接に関係があるとされる肝機能を向上させる働きがあるのもメグスリノキならではの特徴で、肝臓の働きを改善できることが目のトラブルや衰えを改善・緩和できるのでは理由だとも考えられています。



メグスリノキは山形、宮城県から四国、九州の山地に自生しているので、樹皮(樹皮に有効成分のロドデンドロールが含まれている)を剥ぎ取って煎じたものを飲んでください。とはいって普通はメグスリノキの成分を凝縮したサプリメントで摂取することになると思います。


日本古来の叡智を体験できるのはサプリメントのみ!

樹皮や葉にそれぞれ効果が異なる有用成分を含んでいるメグスリノキ。煎じた汁を飲む人は現代ではさすがに少ないようで、その効果を体験したければサプリメントを利用するのが一般的です。