飛蚊症<虫や糸くずのような浮遊物が目に映る現象>

い虫のような影が飛んでいる。」
「糸くずが飛んでいるようなちらつきがある。」



何もないのに目の前を虫が飛んでいるような黒い影や糸くずが浮いているように見えてしまうのが飛蚊症です。目の中の硝子体という水晶体の後ろの網膜で囲われた組織が濁ってしまうことで起こる目のトラブルです。



中高年になってからの多くの人が経験する生理的なものと、強度近視の人に起こりやすい後部硝子体剥離のどちらかが原因であることがほとんどで、多くの場合は特に心配する必要がないものです。



しかし、なかには硝子体出血や網膜剥離など目の病気を知らせるサインとして飛蚊症があらわれる場合があるので、念のため異常に気づいたら眼科医で診察を受けて原因をはっきりさせたほうが安心できると思います。


憂慮すべき飛蚊症とそうでない飛蚊症があります!

飛蚊症は、病気や老化や目の酷使で起こるものであれ硝子体の酸化が原因です。ルテインなどの抗酸化作用のある成分を摂取して酸化を防ぐことで予防・改善できます。

飛蚊症になりやすい人はこんな人!

飛蚊症になりやすい人は?

40歳以上の方。
年齢とわず強度近視の方。(乱視の人も同様)
テレビ、パソコン等で目を酷使している方。
日差しが眩しい日でもサングラスはかけない方。
慢性的に目が疲れている。(眼精疲労含む)
<ココに注目!>
病気の前兆としての飛蚊症以外は放置しておいても問題はありません。

飛蚊症にはどんな対策方法があるの?

中高年に多い生理的な飛蚊症や強度近視の人に起こりやすい後部硝子体剥離が原因の飛蚊症は、眼科で診察を受けたところで経過観察になることがほとんど。



網膜剥離や硝子体出血、糖尿病や動脈硬化、高血圧などの眼球内に出血が起こった目の病気が原因の飛蚊症はレーザーなど手術によって治療することになります。



西洋医学においては飛蚊症は一生つきあっていく病気という扱いですが、東洋医学では耳の尖った部分のツボである耳尖(じせん)を刺激することで眼球内の硝子体の液の流れをよくして治す方法があるので試してみてください。



アントシアニン<疲れ目防止>
ルテイン<酸化防止>
ビタミンC<酸化防止>
アスタキサンチン<酸化防止>



といった成分で目の血行をよくして目の酸化を防ぐのも悪くないと思います。血行を促進する成分や活性酸素を除去する抗酸化成分をバランスよく摂取するのは難しいと思うので、上記のような栄養素を含んだサプリメントを利用するのが飛蚊症対策としておすすめです。

飛蚊症を予防・改善するための3つの対策
緑黄色野菜・ビタミン群を摂取して目の老化を防止する。
目の老化がはじまった証拠なので、定期的に目の検診を受けましょう。
耳尖の刺激やサプリメントで血液をきれいにして血行を促進する。

抗酸化成分たっぷり配合のサプリメントランキング<Best3>

やわたのブルーベリー

アントシアニン、ルテイン、コエンザイムQ10、β-カロテンといった有用成分を1粒に凝縮目の健康と老化防止に欠かせない抗酸化成分を素早く吸収できます。

通常購入:2,160円 定期購入:2,052円

ファンケル えんきん

ルテイン、アントシアニン、アスタキサンチンなど抗酸化成分を1粒にぎゅっと配合! 初回1,000円でお試し可!

目の機能性表示食品「えんきん」
みやびのビルベリー

アントシアニン・ルテイン・ビタミンの3大抗酸化成分をバランスよく1粒に凝縮しています。

みやびのビルベリー・プレミアム