トップページ > 飛蚊症 > 飛蚊症<虫や糸くずのような浮遊物が目に映る現象>

飛蚊症<虫や糸くずのような浮遊物が目に映る現象>

い虫のような影が飛んでいる。」
「糸くずが飛んでいるようなちらつきがある。」



何もないのに目の前を虫が飛んでいるような黒い影や糸くずが浮いているように見えてしまうのが飛蚊症です。目の中の硝子体という水晶体の後ろの網膜で囲われた組織が濁ってしまうことで起こる目のトラブルです。



中高年になってからの多くの人が経験する生理的なものと、強度近視の人に起こりやすい後部硝子体剥離のどちらかが原因であることがほとんどで、多くの場合は特に心配する必要がないものです。



しかし、なかには硝子体出血や網膜剥離など目の病気を知らせるサインとして飛蚊症があらわれる場合があるので、念のため異常に気づいたら眼科医で診察を受けて原因をはっきりさせたほうが安心できると思います。


憂慮すべき飛蚊症とそうでない飛蚊症があります!

飛蚊症は、病気や老化や目の酷使で起こるものであれ硝子体の酸化が原因です。ルテインなどの抗酸化作用のある成分を摂取して酸化を防ぐことで予防・改善できます。