トップページ > 飛蚊症 > 飛蚊症にはどんな対策方法があるの?

飛蚊症にはどんな対策方法があるの?

中高年に多い生理的な飛蚊症や強度近視の人に起こりやすい後部硝子体剥離が原因の飛蚊症は、眼科で診察を受けたところで経過観察になることがほとんど。



網膜剥離や硝子体出血、糖尿病や動脈硬化、高血圧などの眼球内に出血が起こった目の病気が原因の飛蚊症はレーザーなど手術によって治療することになります。



西洋医学においては飛蚊症は一生つきあっていく病気という扱いですが、東洋医学では耳の尖った部分のツボである耳尖(じせん)を刺激することで眼球内の硝子体の液の流れをよくして治す方法があるので試してみてください。



アントシアニン<疲れ目防止>
ルテイン<酸化防止>
ビタミンC<酸化防止>
アスタキサンチン<酸化防止>



といった成分で目の血行をよくして目の酸化を防ぐのも悪くないと思います。血行を促進する成分や活性酸素を除去する抗酸化成分をバランスよく摂取するのは難しいと思うので、上記のような栄養素を含んだサプリメントを利用するのが飛蚊症対策としておすすめです。

飛蚊症を予防・改善するための3つの対策
緑黄色野菜・ビタミン群を摂取して目の老化を防止する。
目の老化がはじまった証拠なので、定期的に目の検診を受けましょう。
耳尖の刺激やサプリメントで血液をきれいにして血行を促進する。