トップページ > 老眼 > 老眼によくある4つの症状をチェック!

老眼によくある4つの症状をチェック!

こんな症状があったら老眼です!

最近、近くのモノが見づらい。
少し暗いところだと新聞や本の小さい字がよく見えない。
携帯電話の文字表示が見にくくなってきた。
小さい字は、少し遠くに離すと見やすい。
<ココに注目!>
目は人間の体の中でも比較的早く老化が進む部位。何もしなければ40代から少しづつ近くのものが見難くなってくるはずです。

老眼の原因は何ですか?何歳から始まりますか?
目は比較的に老化が進みやすいところで、45歳にもなると老眼の自覚症状が出てくると思います。最近は30代の老眼も増えているという話も聞きますが、いずれにせよ加齢とともに水晶体の弾力と毛様体のピント調節機能が衰えてくることが老眼の原因です。
近視の人は老眼になりにくいって本当ですか?
これはまったくのでたらめ。近視の人でも老眼になります。近視の人は、もともと近くにピントが合いやすい目の状態になっているので、近視用のメガネをはずすだけで近くのものが見えるので老眼の症状が出ていないようにも見えるだけです。
遠視と老眼はどう違うんですか?
遠視は網膜より後ろでピントが合ってしまう目の状態のことで、老眼は水晶体が弾力を失い、ピント調節をする機能が衰えることで起こるものです。近くが見えにくいということは共通しますが、まったく別のものです。
レーシックをすると老眼になりやすいって本当ですか?
レーシックを受けると、近視の影響がなくなって視界がクリアになるので老眼の症状を自覚しやすくなるというだけのことです。老眼になりやすくなるということはありません。
老眼の進行を遅くする方法ってないものでしょうか?
老眼は誰にでも起こる老化現象なので、防ぐことはできません。しかし、水晶体を支える毛様体筋は筋肉ですから鍛えることで筋力低下を防げますし、紫外線から目を守ることで活性酸素の発生を抑制すれば老眼を遅らせることは可能です。