トップページ > 老眼 > 老眼を解消するには?

老眼を解消するには?

老眼は30代後半からその症状があらわれだし、45歳になると誰しも自覚症状があるといいます。老化現象なので視力の良し悪しに関係なく、誰にでも訪れるものでいやでも老眼鏡のお世話にならないといけません。



老眼鏡をかけると老眼が進むということはありませんが、老眼鏡をかけるのには抵抗がある、レンズの度数を老眼の進行にあわせて変えていく面倒さがあるのは事実です。



老眼を遅らせるための手段としては、常日頃から目の体操をして毛様態筋を鍛えておくこと、運動不足で目に血液が行きとどかなくなると老眼の進行を早めるので、運動をして全身の血行を良くするという2つの方法があります。



老眼が気になる年齢に差し掛かると、目の生活習慣病といわれる白内障緑内障黄斑変性症(加齢性黄斑変性症)といった眼病リスクもでてくるので、これらの眼病予防も考えて、目の活性酸素の発生を抑える抗酸化サプリの利用なども考えたほうがいいかもしれません。

老眼を予防・回復するための3つのポイント
パソコンなど目に負担をかけることは老眼の進行を早めます。
運動不足も老眼を進行させる要因です。
目の体操や抗酸化対策などの生活習慣で老眼を遅らせることができます。