トップページ > 目の充血 > 目の充血<コンタクトレンズ使用者に多い。長引くようなら要注意!>

目の充血<コンタクトレンズ使用者に多い。長引くようなら要注意!>

が真っ赤。夕方になると目が充血する」
「時間が経ってもなかなか充血が治らない。」



目の充血は疲れ目ドライアイの症状のひとつです。目が疲れたり、パソコンでまばたきの回数が減り、新しい涙が補給されなくなると涙の不足した状態を改善するために結膜にある毛細血管がたくさんの血液を送ろうとして目に充血が起こります。



疲れ目や目の乾燥が原因で起こる充血は、白目の部分だけに起こるもので、程度も比較的軽く、しばらく目を休ませれば、充血は解消されます。



ただ、目の充血が1週間以上続くようなら結膜炎など目の病気を疑ったほうがいいです。結膜炎の場合は、疲れ目で起こる充血よりもその程度はひどくなりやすく、白目の部分だけでなくまぶたの裏側も赤くなるので違いはわかりやすいです。黄色っぽい目ヤニがでることもあります。


コンタクトレンズ使用者は目の充血が起こりやすい!

目の充血の多くは疲れ目です。コンタクトレンズ使用者は目の表面の炎症を起こしやすいので注意しましょう。充血ではなく、白目が真っ赤に染まったら「結膜下出血」の疑いあり!