トップページ >  > 老眼は40代で自覚症状あり。予防は30代から

老眼は40代で自覚症状あり。予防は30代から

老眼は白髪と同じように目の老化現象ですから、遅かれ早かれ誰もが経験するものです。ただし、加齢と老化は違いますから、何歳になったら老眼になるということは人によって違いますし、どれぐらい度が進むのかも個人差があります。

一般的には、40代の後半になると自覚症状として近くが見えにくくなるということですが、実際はそれより早く老眼というのは始まっています。30代になってからその人の生活習慣や目の酷使状況によっても個人差はありますが毎日少しずつ進行していると思ったほうがいいです。

老眼の症状が気づきやすい人というのは、視力がいい人です。今まで見えていたものが見えなくなるわけですから、異常にすぐに気づきます。反対に視力が悪い人というのは普段からボヤけているので、気づきにくいということがあります。

また近視の場合、遠くをみるのは苦手ですが近くを見るのに適応してた目なので、正視の人より近くにピントをあわせやすいということもあり、それほど自覚症状を感じないということもいわれています。

視力の良し悪しに関係なく、40代に突入したら、いつ老眼の症状が出てもおかしくないと思っていたほうがいいです。が、しかし、冒頭でも触れたように加齢=老化ではありませんから事前に予防しているかどうかでだいぶ結果は違ってくると思います。

将来、「手元が見えない!」という老眼のストレスに苦しみたくないという人は、30代に突入した早い時期から意識して目をいたわり、目のピントを合わせるトレーニングなどをして目を鍛えておきましょう。

老眼は老化によってピント調節をする毛様体筋の筋力が低下し、水晶体の弾力性が低下してしまうことが原因なので、遠くと近くを交互にみて目のピントを合わせるトレーニングをして毛様体筋の筋力を鍛えることが非常に効果的です。

移動中の電車のなか、ちょっとした休憩時間など1分間やるだけでもだいぶ違います。ピントフリーズして凝り固まった毛様体筋をほぐすことにもなるので是非これは習慣づけるようにしてください。

それからもうひとつ老眼対策として習慣づけたいことは目の酸化を防止することです。紫外線やパソコンやテレビなどから発せられるブルーライトは目にとって非常に負担が大きく目を酸化させてしまう活性酸素を発生させてしまいます。

そのため、サングラスを利用したり、帽子をかぶる、パソコンは夜やらない、サプリメントで抗酸化成分を補給などをするなどして、目の酸化(=老化)を防ぐことが非常に重要になってきます。